botについて

R18ゲームのキャラクターbotを主に作成しています。
Twitter版、Mastodon版、LINE版のbotがあります。
botについての質問や要望は管理人のアカウントへお願いします。


botは非公式のもので、それぞれのゲームブランド様とは関係ありません。
キャラクターに関する著作権は、各メーカー様やイラストレーター様に帰属いたします。
また、botが呟く内容は多少のネタバレを含みます。ご注意ください。

遊び方(Twitter、Mastodon)

①botをフォローします。
②botに “タイムラインを見て!” と話しかけ、自分のタイムラインを見てもらうようにします。
③あなたのツイートにbotが反応するようになります。あだ名で呼んでもらったり、今日のお天気を教えてもらったり、ジャンケンをしたり、色々な機能で遊べます。

※botをフォローするとランダムなタイミングでbotからフォロー(リフォロー)されます。リフォローされていなくても②をすればbotはタイムラインに反応します。
(ただしMastodonでは、タイムラインを見てもらう設定をする前に、botにリフォローされている必要があります。)
※鍵アカウントの場合、リフォローされるまで外してください。

主な仕様について

【Twitter版】
●botは1分毎に動作しています。
●ハッシュタグには反応しません。
●DMを送っても反応しません。

【Mastodon版】
●Twitter版と違いリフォローに時間がかりません。その他使える機能や設定は基本的にTwitter版と同じです。

【LINE版】
●基本的にリプライ反応のみです。(トークで話しかけた時のみ反応)
●話しかけても好感度の変化はありません。
●LINEでは使えない「いいね」や「リツイート」の許否設定はできません。

連携設定について

Twitter、Mastodon、LINEそれぞれのbot間でデータを共有できます。
以下の手順で設定できます。

①基準にしたいSNSアカウントでbotに “連携設定したい” と話しかける。
②パスフレーズが送られてくるので、それを引き継ぎで上書きしたいSNSアカウントでbotにリプライで送る。
③botから返事があった後、①のSNSアカウントでbotに “問題ないよ” と話しかける。

<例>Twitterで使っているデータをMastodonでも使う
①Twitterでbotに “連携設定したい” と話しかける。
②パスフレーズをMastodonでbotにリプライで送る。
③Twitterでbotに “問題ないよ” と話しかける。

※連携作業は30分以内に行ってください。
※話しかけるbotは稼働中のものであればどれでも構いません。また、1度で全てのbotデータを引き継ぐため、bot毎に行う必要はありません。
※データを引き継いでもフォローとタイムライン監視はしていませんので、引き継ぎ先のアカウントで改めて設定してください。
※連携作業を同時に複数botに対して行ったり、数分以内に2度パスフレーズを送るとデータの消失を起こす可能性があるためしないでください。1ユーザー1回で大丈夫です。
※引き継ぎにより上書きされた側のアカウントデータは復活できないので注意してください。

寄付について

botを稼働させるためにレンタルサーバーを利用しています。
サーバーの稼働にはコストがかかるため、寄付をしていただけると助かります。

【寄付方法】 LINE Pay
1円でも寄付していただけると嬉しいです!

LINE

頂いた寄付金の利用履歴はこちら

※寄付していただいたお金は、bot運用に関わること以外には使用いたしません。

更新情報